FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝龍寺城跡 ~細川忠興・ガラシャ縁の城~

  DSC03312.jpg

細川ガラシャの絵の中では、堂本印象のこの夫人像がとても好きです。
聡明な日本美人でありながら、どこか西洋と折衷したような
クリスチャンらしい雰囲気がありますよね

勝龍寺城は、そんな明智光秀の娘お玉(ガラシャ)が天正6年(1578年)8月、
細川忠興に嫁いで結婚式を挙げ、新婚時代を過ごしたと言われるところです。


初冬&曇天&夕方という状況で行ったため、写真が全体的にくらいです

DSC03158.jpg


DSC03134.jpg


お城前の石碑にあるように、ガラシャ輿入れ先を観光用に推されてますが
(『明智光秀公三女玉お輿入れの城』と書いてあります)
勝龍寺城自体の歴史はそれよりさらに古く200年以上遡ります。

南北朝時代、暦応2年(1339年)に細川頼春が対南朝の前線基地として築いたといわれ
応仁の乱においては西軍畠山義就が拠点としたり、
永禄11年(1568年) 織田信長三好三人衆と戦ったり(勝龍寺城の戦い)、
天正10年(1582年)山崎の戦いの際に明智光秀が本拠としたりと、
幾度となく戦場となってきました。

なお、元亀2年(1571年)に細川藤孝が城主となり、
ここで古今伝授を受けたそうです。
今では古今和歌集の解釈なんて本屋さんに行けば手に入りますが
この当時はこの伝授は大変な権威を伴うものであったようです。
江戸時代の寛永10年(1633年)に長井直清が入城しますが、1649年に廃城となり
現在は城跡公園として整備されています。





模擬櫓と虎口跡。
DSC03136.jpg


藤孝さん当時の地図でいうと位置的には南門にあたりますかね。
DSC03161.jpg



写真右の松の木のさらに右側に、本丸跡の札が立ってます。
DSC03137.jpg
東西約105m、南北約70mで、周囲を深さ3m・幅15m以上のお堀が囲い、
その内側に高さ4~5mの土塁と石垣を築いていた云々の説明が書いてあります。



行ったのが12月11日だったので、まだ紅葉シーズンでした。
DSC03143.jpg
池の中にまさに人面魚がいてかなり怖かったんですが、
多分動いてなかったので死んでたんだと思うんだけど、
鯉って死ぬとまっすぐ沈むんですかね…なんだったんだろうあれ



有名な細川忠興・ガラシャ像
正直そこまで美人じゃない。

DSC03144.jpg
忠興は個人的にはガラシャにベタ惚れのあまり自害に追いやったダメ旦那のイメージ。




さして広くもなければ、なんにもないです。

DSC03146.jpg

忠興ガラシャ像が奥に見えますが、広さわかりますか?



DSC03155.jpg

敷地内にはソメイヨシノが多かったので、春に来るとよいのかも




本能寺の変ののち、信長の訃報をきいた秀吉と光秀による山崎の戦いが起こりましたが、
敗れた光秀はこの北門(札の向って右側)から逃げたそうです。

DSC03148.jpg



北門のすぐ近くにあったこれ。
なぜか太秦映画村の御利益大明神を思い出した。
DSC03150.jpg




沼田丸への通路
DSC03153.jpg
実際は行き止まり。
塀の外に出て、道路からまわっていくとすぐ隣の沼田丸跡につきます。


沼田丸跡
DSC03132.jpg
"沼田"は藤孝の正室麝香(細川マリア)の旧姓。
沼田丸はマリアの実家、沼田氏に与えた屋敷跡らしいです。



一番大きな建物(管理棟)2階では出土物などの展示がされていて
無料で見ることができます。

忠興、ガラシャゆかりの有名な物については写真パネルがありました。
幸い以前細川家の至宝展でみたものばかりだったので、
以下この爆弾のような本から抜粋

DSC03066.jpg


忠興・ガラシャのお墓がある高桐院のところでも載せましたがやはりコレ
黒糸威二枚胴具足。忠興が関ヶ原の戦いで着たやつです。
DSC03000.jpg



露払(つゆはらい)
DSC03170.jpg
ガラシャが忠興のために織って仕立てたレインコート。
夫のためにちくちくと縫ってあるんです。
健気だなぁとしみじみ感動した覚えがあります


梅鶯図・月下松図袱紗
DSC03171.jpg
ガラシャ作の平絹の袱紗。


九曜紋鐘
九曜紋は細川家の家紋
DSC03172.jpg




御朱印がわりに記念スタンプ押してきました。
ガラシャを大河ドラマに!ぜひ御署名を!の用紙の裏です…
DSC03167.jpg




勝龍寺城公演
京都府長岡京市勝竜寺13番1号
4~10月:9~18時、11~3月:9~17時開園
毎週火曜日休園

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 史跡 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://parukaporitanmuseum.blog.fc2.com/tb.php/91-f21180e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。