FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大徳寺塔頭 三玄院 ~石田三成墓所~

大徳寺の22塔頭のひとつ、三玄院です。

通常拝観不可
毎月28日(千利休の月命日)にお茶会が開かれています。


DSC02749.jpg






DSC02751.jpg



天正17年(1589年)浅野幸長、石田三成、森忠政
春屋宗園(しゅんおくそうえん)を開祖として建立し、
2014年NHK大河主人公・黒田官兵衛の長男長政
小堀遠州長谷川等伯などの名立たる著名人がここで禅宗を学んだといわれています。



気になるのはやはりコチラ

DSC02752.jpg




石田三成といえばもう。
この辺に関しては腐女子と言われてもまぁ否定しません

 三成



歴史人12月号『敗者の戦国史』では表紙かざってます。

歴史人 2013年 12月号 [雑誌]歴史人 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/11/12)
不明

商品詳細を見る

私は高校では世界史選択だったので
日本の歴史の知識は中学校どまりなんですが、
中学だと関ヶ原と徳川家康だけ学んで三成って教科書に載ってたっけ?レベル。
小さいときに親からもらった偉人伝にも家康は載ってたけど三成かすりもせず。

そういえば、永青文庫の細川家至宝展で、
家康が関ヶ原の戦いのあとに
『三成を捕縛したので引き回しにいくから観に来てね』と忠興に宛てた書状を見て
なんともいえずムッキャーと腹が立ったのを思い出しました
忠興サイドからすれば、三成のせいでガラシャが自害したわけだから
家康の心遣いというふうになるんですけれども。

双方から客観的に歴史を眺めるのって難しいです。




DSC02844.jpg



外から見られるのはここまで。
やはり非公開でもとてもきれいに整備されています。

DSC02750.jpg



内部は通常非公開のため、手持ちのパンフや写真集から抜粋。

方丈及び前庭。
DSC03381.jpg



本堂(方丈)の襖絵は原在中筆の四季花鳥図、八方睨みの虎。
龍の八方睨みは観たことがありますが、虎はないので是非観てみたいですね


方丈前庭別角度から。
DSC03069.jpg



古田織部好みのお茶室 篁庵(三畳台目) 江戸時代建立
織部は戦国~江戸時代の武将・茶人で、利休七哲のひとり。
DSC03304.jpg



墓地には
春屋宗園、石田三成、森忠政、古田織部、薮内剣仲のお墓があります。

浅野幸長は三成と対立したからかお墓はここにはないですね。
ちなみに森忠政(森可成の6男。蘭丸の弟)の死因は桃の食中毒だそうです
三成さん、危ないのは柿だけではないですよぅ。



せっかく学生時代茶道部に在籍してたので、
機会があればぜひお茶会に行ってみたいと思います






大徳寺 三玄院
京都市北区紫野大徳寺町53
通常非公開


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| お寺 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://parukaporitanmuseum.blog.fc2.com/tb.php/73-fbc9984f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。