FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廬山寺 ~源氏物語執筆地・紫式部邸跡~ 桔梗見ごろ❀

洛陽三十三観音霊場 第三十二番札所
廬山寺 如意輪観音

紫式部邸宅跡、源氏物語執筆地に建つ天台系のお寺で、
6月~9月は「源氏の庭」の桔梗が有名です

rosanji 15
拝観券





廬山寺(廬山天台講寺)

 天台宗単立(天台系圓浄宗)
 山号:日本廬山
 本尊:阿弥陀如来(恵心僧都作)
 創立年:天慶年間(938年)
 開山:元三大師良源(慈恵大師)


<駒札>
rosanji 10



<門>
寺町通りに面して二つ。

北側:正面が洛陽三十三観音霊場札所でもある元三大師堂
rosanji 01


南側:正面奥が本堂
rosanji 11





<元三大師堂>
rosanji 02

洛陽三十三観音第三十二番札所
御本尊・元三大師。他、毘沙門天像、薬師如来像、不動明王像が安置されています。
木像如意輪観音半跏像は重文で京都国立博物館寄託。
創建時は聖徳太子建立の金山天王寺の本尊であったのが幾度かの焼失を経て
現在のものは鎌倉時代、大阪四天王寺の本尊を模倣造立したもので、
飛鳥時代の仏像の姿貌を伝える貴重な文化財だそうです。
rosanji 14



参道を進むと
rosanji 13
鐘楼と青紅葉

とか

筆塚(日本画家 池田遙頓:いけだようしん)
rosanji 12

があります。
さらに進むと



左が受付玄関。
rosanji 03

右端にちょろっと見える黒いのが、紫式部歌碑。

百人一首の紫式部の歌(57番)と、娘の大弐三位の歌(58番)が刻んであります。

 めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲がくれにし夜半の月影 紫式部 
 有馬山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする 大弐三位


rosanji 04


塀の向こうに見えるのが本堂
本堂は寛政6年(1794年)光格天皇の勅命で仙洞御所から移築されたもの。
御本尊・阿弥陀三尊坐像(平安時代)

内部はお庭のみカメラ撮影OK

源氏物語関連の展示が多くあり、
数々の源氏物語絵巻、日記、絵画、貝合わせなどなどを見ることができます
また、寺宝として国宝・慈恵大師遺告状(東京国立博物館寄託)をはじめ、
慈恵大師二十六箇条起請文、法然上人筆の選択集など数多くの重要文化財があり、
なかには、元亀2年(1571)織田信長による比叡山焼き討ちの際、
正親町天皇が信長配下明智光秀に宛てた正親町天皇女房奉書もあり、
そのおかげで廬山寺は焼き討ちを免れ、またその縁で光秀念持仏が奉納されています。





<本堂前庭 源氏庭>
白砂と苔のコントラストを生かした枯山水庭園。
ちょっとくもりの日だったので私の撮影スキルが悔やまれますが本当にとてもきれいでした
何年か前に春先(3月末)にも来たことがあるんですが、やはり全然趣が違いました。

rosanji 06

rosanji 07

桔梗って向日葵みたいにお日様に向かって咲くんですね。
よく見ると全部南側向いてるので、本堂から見ると花の背中ばかりです。
うーん、望遠レンズ買おうかな…


庭の中に、昭和40年に建てられた「紫式部邸宅址」顕彰碑
rosanji 05


廬山寺公式HPによると、
ここはもともと権中納言藤原兼輔(堤中納言:紫式部の曽祖父)が建てた邸宅(堤第)であり、
紫式部はこの邸宅で育ち、藤原宣孝との結婚生活を送り、賢子(第弐三位)を育て、
「源氏物語」「紫式部日記」「紫式部集」などの大部分を執筆し
長元四年(西暦1031年)五十九歳ほどで死去したそうです。

源氏物語の中の花散里の屋敷はこのあたりであったともいわれています。




ということで御朱印

rosanji 08
左:「紫式部邸宅址
右:大師堂本尊「元三大師」 角大師の御朱印ですヨ

この元三大師が護摩供の修行を邪魔する鬼を豆を撒いて退散させたことに倣って
毎年2月3日には三匹の鬼が舞い踊る「節分會 鬼法楽」が催され
元三大師が鬼を退治したという『独鈷・三鈷』と、
大師が宮中で使用したと伝わる『降魔面』が限定公開されます。

他、毘沙門天の御朱印もありましたが今回はいただいてません。


洛陽三十三箇所の御朱印
rosanji 09
如意輪観音








廬山寺
〒602-0852
京都市上京区寺町通り広小路上る北之辺町397
tel: 075-231-0365
公式HP: http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/
mail: rosanji@ktf.biglobe.ne.jp
拝観時間:9:00~16:00
拝観料:400円
駐車場 20台 無料

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| お寺 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://parukaporitanmuseum.blog.fc2.com/tb.php/162-aa7e5645

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。