PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬師院 不来乎薬師 ~京都十二薬師霊場~最澄作の薬師如来

京都十二薬師霊場 第九番札所
薬師院 不来乎薬師



yakushiin 01

本尊の薬師如来像は、
延暦元年(782)、最澄が16歳の時に一刀三礼彫刻された薬師仏7尊体の1つで、
現存するのはここと、比叡山延暦寺の根本中堂の1体のみ
という貴重なものです。
(美濃国の医徳堂に安置されていたのを織田信長によりここに移されたといわれています)



薬師院

 黄檗宗
 山号:醫徳山
 本尊:薬師如来(不来乎薬師)
 開基: 鉄面寂錬禅師



<本堂>
yakushiin 02


こぬか薬師の由来は、
鎌倉時代の寛喜2年(1230)、異常気象による極寒で疫病が大流行していた時、
住職の夢に本尊の薬師如来が現れて、
「一切病苦の衆生、我が前に来たらば諸病ことごとく除くべきに、来ぬか、来ぬか」との
お告があり、皆病気治癒したことによります。


通常は本尊非公開のため、窓越しに参拝、
隣の扉をピンポンして御朱印をいただいたり、説明をうかがったりという形です


ちなみに御本尊はそこそこの大きさかと思っていたら、
実物はちっちゃいそうで。
一刀三礼ってさすが神の領域は違うと思っていたんですが、
より現実味があってむしろ伝説や逸話でないんだなと感じました…



<御朱印>
yakushiin 03
右が通常の御朱印。
左は御詠歌: 皆人の来ぬをおそしと満ち給う 薬師のちかい多能もしきかな



御本尊が開帳される10月8日は御朱印も特別仕様になるそうです。
yakushiin 04

見本が展示してありましたが、きんぴかです。
これは惹かれる…









薬師院
黄檗宗
〒604-0014 京都市中京区釜座通二条上ル大黒町694
tel : 075-211-1890


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| お寺 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://parukaporitanmuseum.blog.fc2.com/tb.php/151-cc306a21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。