FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寅薬師 西光寺 ~無病息災~

伊吹のためというか、おかげというか、
隙間を見つけては薬師如来を巡ることにしました

20140523 012


新京極の繁華街の中、蛸薬師永福寺のすぐ北に、
寅薬師西光寺 というとても小さなお寺があります。


torayakushi 01


開運厄除、無病息災の御利益がある寅薬師如来がお祀りされています。


寅薬師西光寺
 真言宗西山深草派
 山号: 北亀山
 本尊: 阿弥陀如来
 建立年: 不詳。弘安5年(1282)頃?
 開山・開基: 賓照院博慶法印(誓願寺(真言宗西山深草派総本山)第12代住職)

 京都十二薬師巡礼 第十一番札所
 洛陽四十八願所 第三十四番
 


表門を抜けて通路を少し行くと左手にお堂があります。

torayakushi 02
カメラの電池が危なくて急いで撮ったのでいまひとつな写真になっちゃった
明治44年に3度目の焼失に遭い、大正2年に仮堂が建築され現在に至るのでこの外観。
ピンポンを押すと御住職が迎えてくださるので参拝できます。

入って正面が本尊阿弥陀如来
安阿弥作。

脇檀に寅薬師如来が安置されています。
torayakushi.jpg
ⓒ京都観光オフィシャルサイト京都観光Navi

両脇に日光菩薩、月光菩薩と、まわりを十二神将が取り囲んでいます。


弘法大師の作と伝わり、
時の天皇の命で、一刀彫るたびに三度礼拝し満身の力をこめて
寅の日の寅の刻に彫りあげたことから寅薬師と呼ばれます。

当初宮中にあったものを、弘安5年(1282)に後宇多天皇が博慶法印に下賜され
御倉堂を創立したのが西光寺の始まり。


また腹帯地蔵尊(京都名地蔵二十一地蔵の1つ)も脇檀に安置されています。
もとは西光寺の南にあった清帯寺の本尊であったのが、
廃寺となったのに伴い当寺にうつされたもので
安産、子宝授かりの御利益があります。


こちら、お守りがとてもかわいいです
いろんな種類がある中で、健康お守りをひとつだけ買いました。

torayakushi 04

ムシ恐怖症の私としては本当は蝶も怖いんですが、
これくらいのデフォルメならなんとかギリギリ



御朱印。
京都十二薬師霊場 第十一番
torayakushi 03







最近伊吹ばかりに注意が行きがちな飼主。
那智はあいかわらずあんにゅいな感じ。

20140523 003






西光寺 寅薬師
京都市中京区新京極蛸薬師上ル中筋町495-1
tel: 075-211-1938
拝観無料
拝観時間 10:00~16:30
駐車場 なし

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| お寺 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://parukaporitanmuseum.blog.fc2.com/tb.php/136-b24266bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。