| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菅大臣神社 菅原道真邸宅跡~東風吹かば~

3月といえば梅の季節。
京都で見るならやっぱりこの梅だろうと私は思うのです
kandaijin5.jpg

北野天満宮や長岡天満宮の梅園もいいんですが、
先日ふと梅がみたくなって行ってきました。



菅大臣神社

東鳥居
kandaijin1.jpg


「菅大臣天満宮」でもいいようなのですが、
正式名称「菅大臣神社」で以下統一します。


kandaijin7.jpg

≫ Read More

スポンサーサイト

web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 神社 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小倉神社 ~秀吉の山崎の戦い必勝祈願~


小倉神社 一の鳥居
DSC03085.jpg
「正一位小倉大明神」の扁額は
花札の雨のおっちゃんこと小野道風(894-967)の筆と伝えられる。


京都・大山崎にある小倉神社は豊臣秀吉が戦勝を祈願した神社ですが、
創建は奈良時代、養老2年(718年)と非常に古く、
背後の竹林の中に鳥居前古墳という4世紀末頃の前方後円墳があり、
その被葬者が後の時代に神格化され神社が誕生したものと考えられています。
794年平安遷都の際に御所南西の鬼門除けとして信仰を集めたそうです。
(桓武天皇が早良親王の祟りを恐れて平安京の地を選んだ云々については
上御靈神社 のところでちょこっと書いています。)


社頭掲示板
DSC03082.jpg


時代は進み、天正10年(1582年)6月20日に本能寺の変織田信長明智光秀に討たれ
秀吉が備中高松城攻防戦から急遽引き返し(中国大返し)
6月13日明智光秀と戦い勝利したのが山崎の戦いです。


これに先立ち秀吉が家臣 片桐祐作・脇坂陣内を遣わして戦勝祈願したのがこの小倉神社。


山崎の戦いについては、
天王山を登る機会があればまた詳しく書きたいなと思います。
かの有名な「三日天下」の言葉が生まれた山崎の戦いですが、
先にも書いた通り、実際は光秀11~12日間天下ですね。
それでも哀れ。
ここで光秀が敗走した勝龍寺城跡(光秀の娘ガラシャの輿入れ先)にも行って来たので
それもまたの機会に。



御祭神:
 武甕槌神(たけみかづちのかみ)・齋主神(いわいぬしのかみ)
   日本書紀において葦原中国を平定した武神
 天兒屋命(あめのこやねのみこと)・比賣大神(ひめのおおかみ)
   天孫降臨に随行した詞祝・出世の神とその妻


≫ Read More


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 神社 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建勲神社と船岡山~第六天魔王織田信長降臨せん~


ずっと行ってみたかった織田信長をお祀りする神社
建勲神社 (タケイサオジンジャ/ケンクンジンジャ)

偉大な人は神様にしてしまう日本の文化、結構好きです。

DSC02466.jpg

明治2年に明治天皇が創立を命じ、
明治8年に船岡山に社殿を新営、
明治43年に本殿以下諸舎を現在の社地に移建
と、比較的新しい神社です。

が、歴史自体はもっと古く、
1582年6月21日(天正10年6月2日)の本能寺の変の後
豊臣秀吉山崎の戦い明智光秀を討ち、
大徳寺で7日間の盛大な法要を営んで船岡山に寺を建てようとしたものの
竣工途中のまま、信長公の霊地として信仰を集めていたそうです。
明治天皇GJです。


御祭神 織田信長公
配祀  織田信忠卿
御鎮座地 京都市紫野船岡山
御神徳 国家安泰・万民安堵 


見にくいけれど境内見取り図
DSC02434.jpg


≫ Read More


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 神社 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車折神社


「約束を違えない」 車折神社

DSC02337.jpg


嵐山にあるパワースポット、車折神社 です。


1189年(文治5年)
御祭神:清原頼業(平安時代後期の儒学者。
     和漢の学識と実務の手腕は当代無比といわれ
「その才、神というべく尊ぶべし」と称えられた)
    ※清原氏は天武天皇の皇子舎人親王の血筋で、中に清原元輔や清少納言がいる。

御嵯峨天皇が御遊幸の際に、社前で牛車の轅が折れたことから「車折神社」と呼ばれる。

学業成就、試験合格、商売繁盛、金運向上、良縁成就なんでもござれ。
素晴らしく徳の高い神様です


ということですが、行こうと思い立った理由はきわめてミーハー。


コレ↓
DSC02318.jpg
世界の大倉忠義。

関ジャニ∞eighter妹といざ参る!

≫ Read More


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 神社 | 13:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上御霊神社~こころしずめの場所 応仁の乱勃発の地


上御霊神社は京都市上京区にある神社で、
正式名称は『御靈神社』、鎮霊(こころしずめ)のお社です。

DSC01789.jpg

こころしずめ”の響きと、
日本全国を巻き込んだ大戦争・応仁の乱が勃発した場所であること
神社の雰囲気などなどが好きでときどき足を運んでいる神社です。


DSC01711.jpg


DSC01745.jpg

≫ Read More


web拍手 by FC2


にほんブログ村 猫ブログへ  

| 神社 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。